設立サポート

一般社団法人の設立サポートについて

一般社団法人とは何らかの活動を行っている団体が法人化を目指す場合の選択肢としてよく知られるようになりました。団体の活動の目的にも様々なものがありますが、営利団体であっても非営利団体であっても、または職能団体であってもある程度の規模になってくると様々な管理上の問題が生じてくるのが一般的です。

一般社団法人の設立と言う手段が存在していなかった時代には団体活動を行うためには一定の苦労が必要であるという場合が少なくなく、様々な問題やリスクを抱えながら組織運営をしてこなければならなかったのです。しかし現在では一般社団法人の設立と言う法人化のための確かな手段が誕生しましたので大きく状況が変わってきました。

団体j活動を行う際に一般社団法人の設立と言う手段を選択するメリットには様々なものがありますが、最も重要な要素としては信用が高まるという点と、法人化することにより個人の責任ではなく法人として組織の責任に出来ると言う点に大きな変化が生じます。

前者はどのように大きな組織になったとしても法人化していなければ個人に過ぎず、対個人での活動を行う範囲では支障をきたすこともありませんが、対企業などの団体や法人を相手に活動する場合には相手にしてもらえない場合もあったのです。このことは信用の程度の違いであると言えます。一般社団法人の設立を行うまでは一個人の活動の延長でしかないということを意味するのです。これは個人事業主がいくら稼いでいても会社ではないのと同じことであると言えます。

一般社団法人の設立は法的に二人以上が所属していれば可能です。設立登記のためには様々な書類作成の準備が必要となりますが、全く知識が無い場合にでも、行政書士等のサポートを受けて設立の手続きを勧めることが可能です。複雑ではあるものの個人で調べながら設立出来ないというものではありませんが、わずかな負担で設立手続きの代行をお願いすることが出来ますので間違いのない確実な申請を行うために行政書士等の専門家を擁する何らかのサポートを受けて一般社団法人の設立にこぎ着けるのが上策であると言えるでしょう。

一般社団法人を作ること自体には様々なメリットが存在しており、その様なメリットを期待して法人を作ろうとするのが一般的ですが、必要書類が多く煩雑であるというデメリットも存在しています。そのため自力で手続きが出来そうな場合であっても一度は相談してみた方がよいと言えるでしょう。”